TOPページへ
 
↓↓画像クリックで商品一覧が開きます。↓↓

〇、着物と帯
着物帯
  着物は着物の生地、地色、模様、紋の有無で格が決まります。その種類には様
 々なものがあり振袖(未婚女性の第一礼装)、留め袖(既婚者の第一礼装)、訪
 問着(ミセスの略式礼装)、つけ下げ(訪問着に準ずる社交着)、色無地(紋が
 有る場合は略式礼装で訪問着と同格)、普段着物の小紋や紬の着物、喪服、ゆか
 た、などが有ります。それぞれの着物に締める帯が有り帯の種類も礼装用の訪問
 着や、つけ下げには袋帯、紬、大島、小紋には名古屋帯、ゆかた、普段着に半巾
 帯、又造り帯(お太鼓形、半巾蝶結び形)なども有ります、着物との調和を大切
 にお選び下さい。

一、足袋
 
二、肌襦袢と、裾よけ
足袋
  肌襦袢
  着物姿のおしゃれは、足元からです。
 着物姿の上下にわずかに除く白足袋の
 美しさ履物を引き立たせ、着物の裾線
 を優雅に見せる大切な物です、正装用
 から普段着まで一般的な白足袋や朱子
 の黒足袋、普段着使いのお洒落な柄足
 袋も有ります。
    肌襦袢は直接肌につけるものです。
 ガーゼやさらしの素材があります。ま
 た、裾よけは腰から足元までの下着で
 す、ナイロン製やポリエステル、綿、
 裾さばきのよいベンベルグなどの素材
 もあります。肌襦袢と裾よけが続きの
 ワンピースタイプの製品も有ります。

三、長襦袢と半衿
 
四、紐(ひも)
長襦袢半衿  
腰紐
  長襦袢には半衿が付いています、半
 衿には白の正絹やポリエステル、絹交
 などの素材があり、刺繍や色柄の半衿
 もあります。半衿形に作られた背負い
 型もあり半衿を縫い付ける必要がなく
 急ぎの時などに便利です。又、長襦袢
 には一枚仕立と上下に分かれた二部式
 の長襦袢が有ります。
    着付けに大切な役割の腰紐は三本〜
 四本位必要ですナイロン、メリンス、
 正絹などが有ります。腰紐には、メリ
 ンス製や正絹の腰紐をお勧めします。
 又、代用品にゴム製のきものベルトや
 コーリンベルトがあります、こちらは
 、締め付けが楽で着崩れもしにくいの
 で便利です。

五、だて締め
 
六、だてえり(重ね衿)
伊達締め
 
重ね衿
  伊達締め(だて締め)は、長襦袢のウ
 エストに使用したり、着物のおはしょ
 りを押さえるのに使います。素材は、
 正絹の博多織やポリエステル、ナイロ
 ン、マジックベルトのスポンジ製など
 が有ります。どれも用途は同じですが
 、マジックベルトは何処でも止められ
 て、きつさも調整できて便利です。
 

  着物の雰囲気を華やかにしたり、お
 しゃれな装いに使用します。半衿と着
 物の衿の間に入れて使用します、着物
 と同色や反対色、また帯揚げや帯締め
 の色に合わせたり華やかで個性的な衿
 元のおしゃれが楽しめます。必ずしも
 使用しなくて良いものですが、振袖や
 訪問着には、使用をお勧めします。


七、帯 枕
 
八、帯 板
帯枕
 
帯板
  帯の形を作るために枕を使用します。
 大きさは決まっていますが、変わり結
 びや華やかな結び用に楕円形もありま
 す。結ぶ帯の形で違いが有るので、そ
 の時の帯結びで形を決めるのが良いで
 しょう、若い方や正装には枕山が有る
 ほうがお勧めです。年配の方には低め
 の枕をお勧めします、またガーゼ付き
 の帯枕はしっかり結べます。
    帯板は、帯を巻く時に使用します。
 帯から帯板が出ない様に二つ折りにし
 た帯の輪の所に入れて使用する、差込
 タイプとベルトで固定する帯板にゴム
 ベルトの付いた帯板があります、ベル
 ト付きは、帯を巻く前に着物の上に止
 めて使用します。又、帯結びの変わり
 結びなどに使用する、後帯板や喪服な
 どに使う黒い帯板もあります。

九、帯あげ
 
十、帯締め
帯揚げ
 
帯締め
  着付けに必要な帯揚げ(帯あげ)は、
 帯枕にかぶせて使用します、着物姿を
 美しくみせるためには、かかせない物
 です。色の組み合わせで着物のポイン
 トやアクセントにもなり大変重要です。
 振袖向きの総しぼりの他に、部分しぼ
 り、りんず、普段使いの縮面や紬織り
 地などが有ります。礼装用には白い帯
 あげを使います、喪の時には黒の帯あ
 げを使用します。
    帯の形を守り、アクセントとしても
 大きな役割の帯締めは着物着付けの必
 需品です。平たく編んだ平組みと丸い
 形の丸組みが有り、どちらもフォーマ
 ルからカジュアルまで多彩に有り、着
 物の種類や色柄に合うものを選んで使
 用します。又、丸ぐけと言われる帯締
 めもあります、これは綿を芯にして布
 でくるんだものです。礼装用には白色
 喪の時は黒い帯締めを使用します。

十一、草履とバッグ
草履・バッグ
  草履とバックはフォーマル用と普段使うカジュアル用のものが有ります。着物
 の種類に合わせてお選び下さい、セットのものは、バッグと草履がコーディネー
 トされていますのでおしゃれにお使い頂けます。フォーマルには色柄のないシッ
 クなもので草履とバッグが揃っているセットのものをお勧めします。

  以上の11点が着物の着付けに必要な小物です、見落としのない様ご準備下さい。
 また、下の「あると便利な小物」を揃えますと一段と着付けしやすくなります。

↓↓画像クリックで商品一覧が開きます。↓↓
十二、あると便利な小物
着物ベルト

着物ベルト    
ヒップ当て

腰当て
 コーリンベルトは衿元
を挟んで使用するベルト
で着付けに便利で衿元が
崩れずに綺麗です。
 背中の腰の部分がくび
れていてヒップにボリュ
ームが有る方の補正にお
勧めです。

和装ストッキング

ストッキング
    着物ハンガー

着物ハンガー
 膝の下と上からのもの
が有ります。足首のお洒
落にお勧めです、防寒向きのタイツもあります。
 着物の着付け時や脱いだ時に、着物を下げて置
くとシワ防止にもなる着
物専用のハンガーです。

和装ブラジャー

和装ブラジャー    
衣裳敷

衣裳敷
 M、L、LLの各サイズ
が有ります胸元がすっき
りして着付けが綺麗にな
ります。
 床に広げて、その上で
着付けをしたり、また着
物を畳むのに使用したり
といろいろと便利です。


衿芯
   
衣紋抜き
 衿が綺麗に抜けて衿元の着付けも綺麗です、さ
し込み衿芯と半衿に縫い
付ける衿芯が有ります。
 背の中心の半衿の下に
縫い付けて使用する布、
衿が被さらずえり抜きが
綺麗で着付けも楽です。

   着物は着た後の始末をいいかげんにしがちですが、着物を着た後は、まず手などをきれいにしてから
  衣裳敷き等の上にまとめて脱ぎます。着物や長襦袢は着物ハンガーにかけ、帯も広げて湿りけや、温も
  りを取ります、この時にしみや汚れの有無を点検しておきます。
   手入れは時間を置いてから取り掛かるほうが良いでしょう、翌日落ち着いてからでも良いと思います
  汚れが無ければ柔らかいブラシで、ほこりをはらって畳み、シワなどは当て布をしてアイロンでのばし
  (注:帯などで箔使いや金糸、銀糸など強いアイロン禁止の場合が有ります。)畳紙に入れて箪笥にし
  まいます。又、汚れやしみが有る場合は自分で判断していじらず、専門店に相談してください、シミは
  時間がたつほど落ちにくくなり場合によっては、専門店でも落ちない場合があります。
   着物は少なくても一年に一回は虫干しをお勧めします、乾燥する冬に天気が続く日を選んで風通しを
  します、箪笥や衣裳箱も開けて風にあてておくと良いでしょう。その後に防虫剤、防湿剤(注:液状の
  ものは使用しないで下さい、液だれする場合があり着物を汚してしまいます。)などを新しく入れ替え
  て保存しておしまい下さい。

↓↓画像クリックで商品一覧が開きます。↓↓
畳紙
着物畳紙
    保存袋
保存袋
畳んだ着物を包む紙、畳紙に入れてタンスや箱にしまいます。 畳紙と同様に着物をしまう、チャック付きの袋です。(袋には防虫効果はありません)

帯畳紙
畳紙    
防虫剤
防虫剤
帯を入れてしまう帯専用の畳紙です。着物と同様にタンスや箱にしまいます。 防虫、防かび、除臭、調湿、開封後約六ヶ月有効です。着物に触れない様に畳紙の廻りに置いてお使い下さい。

   どの着物も、自分の前に左側に肩、右側に裾が来るように置いてたたみます。着物は直線裁ちですの
  で、型崩れを防ぐためにも折り目正しくたたむことが大切です。正しくたたんであれば、少しくらいの
  シワがあっても大半のものはしまって置く間に直ります。
↓↓クリックで拡大表示します。↓↓
着物・本だたみ   長襦袢畳み方   羽織畳み方

Copyright (C) 2003-2006 Wasouya.com & Sagawa Co.,Ltd. All Rights Reserved.